スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読んでます

図書館1冊目ほぼ読了。勢いであと2冊を水曜までに読めるのか。つーか集中力が足りないこと半端ない。
微妙にライトな文体なのに何だか驚いた。いや、いいんだ、ライトだもんな。どちらかというとわしの好みがかっちりした文体なだけ。何だかハリーポッターを初めて読んだ時を思い出しました。
高い評判に、ライトな中身。漫画は絵である程度の内容というか作風の見当がつくけれど、小説は読まないとわからないよね。

今とっても描きたい絵があるんだけど、絵をかいたらもう一体何年ぶり…級なので、頭の中の映像が再現できそうになくてしんどい。割とまとまって図面…じゃなかった、なんていうんだ?構図だな、そう構図が頭の中にでてるのになあ。ちげーよが連発しそうなので手を付けるのが辛い。でも来週手を付けてみる。たぶん。

頭の中に浮かんだ絵をきっちり再現してくれる装置って出るのかなー。攻殻の頃ならありそうだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初陣だった。
何ということはないはずの、国境付近の砦となっている城へ訪れて、ぐるりと周囲を回って帰るだけのはずだった。
傍に魔物が跋扈するという深い暗い森が広がり、国境線をあいまいにしている。隣国も遥かにポツリと城を置いているだけで、耕作地が広がるでもなく民家が散らばるでもなく、一筋の川が森から流れ出し、その川を挟んでそれほど規模が大きくはない中隊が駐屯していた。
形式上将軍の位を授けられたリーアの、配下の一軍だった。天候も穏やかな秋の日、互いに刺激し合わぬように少数の兵を率いて、駐屯兵の交代がてら訪れたリーアに、敵襲が告げられたのはちょうど昼だった。
川を越えて、五十人ほどの兵が徒歩で森から現れ、矢を射かけて来ている。
反応を見るためか、あまり殺意のこもらない矢は城壁を幾つか穿ち、ばらばらと落ちる。
城壁からも矢が射られるが、こちらもそれほど力のこもったものではない。日常的な互いの示威行動だった。
それで、終わるはずだった。

スポンサーサイト

昔読んだあの本を思い出す

何だか詩的なタイトルのように感じる文言です。その実手の湿疹ってつらいね!ってことで。
左手の中指人差し指だけの湿疹がずーっと続いていて痒いのですが、痛いのにはそれなりに耐性があっても痒いのにはもう耐性がなくて。ちょっと蚊に噛まれただけでももうお先真っ暗というかどんよりというかつらくて辛くて。そんなこと痒みには弱い私です。
で、何の本を思い出したかというと島田先生の「アトポス」です。
あの分厚いシリーズを読みだしたのはちょうど眩暈の頃だったかな、いや暗闇坂か。やっぱり眩暈か。
眩暈ではぴったり来なかったのが、暗闇坂から読みなおしてぴったり来た!感じでした。
とか言いながら一番好きなのはなぜか龍臥亭…いいじゃないか偶然だって!
偶然がなければ御手洗シリーズは成り立ちません。あと八墓村の呪縛がー(好きなんだもん)
アトポスでその病はとてもつらく苦しいものだということをおぼろげながら知りました。実は子どもがアレルギー体質で、喘息であるとわかった時、祈るように皮膚の方には出ないでほしい…!と思ってしまいました。
病はどれもとてもつらいもので、なかなかその軽重は本人以外に測れるものではありません。
でも乳児湿疹がそのまま悪化して行かないか、はらはらしながら肌ケアに勤しんだ日々でした。
幸いなことに今のところ子は皮膚に症状は出ていませんが、今自分のたかだか指二本分の湿疹の痒さでも、これほど集中を乱される。あの本の中の人たちはどれほどだっただろうと思う。集中できないと本当に私は何も出来ないので、出来ないことにまたストレスとなり、うっかり湿疹を掻いている。悪化する。また集中出来なくなる…という、爪を噛む癖を押さえた代わりに湿疹掻いてます。同じかくなら絵とか文とかかこうよな!同音でも違う…

なので図書館が進まない。困った。黒2も進まない。毎日何をして過ごしているのか…
(おそらくぼんやりとしている)

夏休み発見記

今週から学校がはじまってます。
先生いつもありがとう。一人でももてあます子どもを三十人から四十人。一人でまとめあげてしかも学ばせるってすごい。しかも朝から夕方まで長時間。しかも毎日。
休み期間ごとに先生や教育機関への感謝を新たにするわしです。ありがたやありがたや。
自分が学校に行ってる頃にはそんな風には思わなかったけどねー
つか思ってたら怖いわ!そんな子ども!

頼まれて探し物をしていたら昔の通知表を見つけましたよ。
まあ成績はねー。ハハハ置いておくとして。そこに書いてあるコメントが今から見るととても味があります。
わしの持つ最大の学習手段はひたすら本を読む。なのですが。
本を読んだらこの成績も何とかなったのかしら…の声に対してはちょっと生温かい笑いで応えております。
うん、ひたすらにどんなジャンルの本でもいいから軽くても重くても何でもいいので、ただひたすらに量を読むだけの簡単な手段なんです。
英語以外の座学の成績はおそらくそれなりに上がるんですが―
ちょっと人には勧めにくいほどに量を読むんです。多分普通の人はそんなに読んでられない。
小学校は図書室の本をファーブル昆虫記以外すべて読み尽くし、(それも多分三年生から五年生まででほとんど)中学校と高校は貸し出し冊数学年一(おそらくは当時の在校生一)を誇り、自治体の図書館からは限界まで借り、してたので。年間4~500冊ぐらいは読んでたんじゃないかな。
なので、自分はそれで成績が良かった感があるけど、それも中学くらいで地道に家庭学習を積んできている人には負けてくるし、何しろ英語は出来ないし、本を読む以外の何も出来ないぐらい読むので。
お勧めは出来ないなあーと思うわけです…

そんなわしの子は夏休みの宿題として本を5冊読むというのは何とかクリアしました―
あしながおじさんとリンドグレーンを与えてみたが全く読まねえ!
まあまだ早いかな…そのうち読むといいな。

お勧めに従い図書館戦争に取り掛かってみるべし。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。